ヒッチハイクは道連れ

投稿日:2018-11-10 更新日:

「2人とも潮干狩り行ってたんだ。アサリ採れた?」
「見てみて~! シジミがこんなに採れたの!」
「あ、海にいるのはシジミか。すごい量だね。大変だったでしょ?」
「うん。おにぎり食べながら探したんだけど、こんなの朝飯前だよ!」
「でも、目的のキクラゲはいなかったよな。沙羅魅」
「へぇ、キクラゲも採れるんだね。知らなかったよ」
「今日は採れなかったけどね。次こそはゲットするよ! 波路琉ちゃんも今度一緒に行こうよ!」
「いいね。今度行こうね。で、2人はどの辺りに住んでるの? 足立区とか?」
「杉並っす!」
「へぇ、意外だね。かなり意外だね」
「別に意外じゃないよ。波路琉ちゃんはどこ?」
「私は北区」
「じゃあ、今から帰るとこ?」
「そうだよ」
「じゃあ北区に帰宅だねw」
「ぶは! 沙羅魅変なこと言ってんなよ!」
「サラミちゃんって面白いね」
「まあね。小学校の頃ダジャレ検定3級だったから~」
「そんな検定あるんだね」
「そう荒川先生が作ってテストしたの」
「あぁ、そういうやつか」
「マジかよ沙羅魅。ハガレンの?」
「んなわけないじゃん。眼鏡のおっさんだったもん」
「いや、わかんねぇよ。その眼鏡のおっさんが秘密でハガレン描いてたのかも!」
「マジで!?」
「マジ!」
「沙羅魅あの時サインもらっとくんだった~」
「いやいや、ハガレンの人は女の人でしょ」
「いやいや、ちっちゃくて三つ編みだけど男だし」
「いやいやそっちじゃなくて」
「いやいやいやいや、鎧は弟だし」
「そうじゃなくて、作者はたしか女の人だよ」
「え~、波路琉ちゃん、それマジ!?」
「マジだよ」
「うわ~、オレ騙されてた~。ハレハレ詐欺だよ」
「いや、騙してないと思うよ。しかもハガレンさらに略すとか。それでさ、杉並だったらどっからか電車乗る?」
「中央線かな?」
「そっか、じゃあ市川はどう?」
「総武線か~」
「いいじゃん沙羅魅。繋がってんじゃん」
「それマジ?」
「真実と書いてマジ!」
「さすが公ちゃん、地図が読める男子!」
「いやいや、それぐらいわかっとけよ。江戸っ子だろ」
「別に江戸っこじゃないし~」
「と言ってるうちにそろそろ着くよ。今度一緒にご飯とかどう?」
「いいよ。沙羅魅はご飯よりパン派だけどね!」

…………

連絡先を交換したサラミとバジル。
次回3人でお食事へ?

 

 

『トッピングカップル 3』

つづきは《カロリーメイトもものによっては野菜》

 

-雑学, 漫画, ダジャレ

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.