new 算数

素数わかる?

2019/11/20

「え、2って素数なの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、3って素数なの?」 「そだぜ!」 「3の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、4って素数じゃないの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるから素数じゃないぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、5も素数なの?」 「そだぜ!」 「5の倍数だと思 ...

ReadMore

マンガ 英語 英会話 漫画

DENWA

2019/11/19

ReadMore

new 他の小説

かにあり

2019/11/18

ドッテテドッテテ、ドッテテド 獲物を担いだ男たち ドッテテドッテテ、ドッテテド 行進しながら帰ってく 霧がぽしゃぽしゃ降る朝に出かけ 彗星がギーギーフーギーギーフー流れる夜に村に着く 月の明かりは、ツンツンツン 星の光の、ピッカリコ 青くぺかぺか光ったり消えたり グララアガア、グララアガア 足を踏み鳴らす 地面の底から何かのんのんわくような響き 先頭の男が鈴をがらんがらんがらんがらんと振る 後ろの方の鈴はツァリンツァリンと鳴り、馬はポカポカ 村の前ではこどもたちがどやどや出迎える 女たちは大きな木鉢へ葡萄 ...

ReadMore

new 算数 真剣勝負 食べ物 迷惑行為

パセリちゃんごめんね

2019/11/15

「あ〜!」 「沙羅魅どうした?」 「パセリ超邪魔!」 「おい、パセリに失礼なこと言うなよな!」 「なんで~、緑だし臭いし変な形だしウルトラ目障り~!」 「おいおい、農家の方々が一生懸命作ってるんだからそういうこと言うなよな!」 「なくていいじゃん、パセリ。見栄えとかそんなのいらない!」 「おめぇやけにパセリに厳しいな?」 「だって、パセリってテレビみながら唐揚げ食べたり、眠りながら唐揚げ食べてたら勝手に口の中に入ってくるんだもん!」 「それはちゃんと見ながら喰わねぇおめぇが悪ぃし」 「そんなことないよ。ち ...

ReadMore

new 言葉 スポーツ

沙羅魅は左利き天才肌!

2019/11/10

「ねぇ、公ちゃん。箸を持つ手が右手だっけ?」 「たぶんそうじゃん」 「たぶんじゃ困る~」 「じゃ、五分五分でそうじゃん」 「五分五分ってことはつまり右が箸を持つ方ってこと?」 「そうなるな」 「じゃあこっちが右でいいんだよね」 「それはちげぇだろ」 「え、なんで?」 「だっておめぇ左利きじゃん」 「え、そうだったの?」 「おめぇ自分のことだろ。知っとけよ!」 「でもさ~、箸持つ方が右ってことは右利きだろうが左利きだろうが箸を持った方が右じゃない?」 「お!」 「でしょ?」 「やべぇ! 今日は完全に論破され ...

ReadMore

他の小説

ハロウィンの夜のMONSTER

2019/11/4

令和X年 10月31日23:30。 いつもより人の多いスクランブル交差点を抜け警察と訳のわからない格好で奇声をあげる若者を横目に道玄坂を登って行く。待ち合わせの時間は特にないが、すでに仲間達が集まっているであろう店を人混みを抜けながら目指す。 わざわざこんな日に集まるなんて大学生とは面倒臭い。時間とお金を浪費して今を楽しむのもそろそろ終わりにしないといけないし、今日が最後だと自分に言い聞かせてみる。実際に最後になるのかは誰にもわからないが......。 人の化けたモンスターとスマホのドラクエウォークのモン ...

ReadMore

言葉 雑学 食べ物

○グダディの話

2019/10/28

「え、ビッグダディ死んじゃったの?」 「は? いつだよ?」 「昨日だよ!」 「いやいや、死んでねぇだろ!」 「だって、トランプ大統領が会見してたじゃん!」 「それバグダディな!」 「ほら〜!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし! ループしてるし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇし! 違うもんは違うの!」 「ど ...

ReadMore

行事 食べ物 漫画

ハロウィンどうする?

2019/10/27

「ハロウィンなんの仮装しようかな!」 「は? あれは子どもが仮装するもんだろ?」 「公ちゃんは昭和の人なの? 今はみんなで仮装してパレードするの!」 「それはイベント会社が儲けるための策略だろ?」 「そうなの? でも、楽しいからいいじゃん!」 「楽しければいいとか、おめぇは単純でいいな」 「えへ、それほどでもないよ!」 「褒めてねぇし!」 「マーベルのキャラとかディズニープリンセスは誰かと被るよね〜」 「だな。どこかの子どもと被るな」 「バンパイアかドラキュラどうかな?」 「それもメジャー過ぎて被るだろ? ...

ReadMore

国語 言葉 真剣勝負

ことわざクイズ!

2019/10/25

「寝耳に?」 「水!」 「さすがにこれは簡単だったな」 「沙羅魅だってこれぐらいわかるもん~」 「ま、そうだよな。基本だよな」 「うん。経験者は語るってやつだよ~」 「焼け石に?」 「肉!」 「そうそう、溶岩プレートの上で焼いた肉はうまいらしいな」 「あれ美味しいよね~。肉が本当に柔らかく焼けてるんだよね~♪」 「は? おめぇそれ喰ったことあんのかよ?」 「あるよ~♪」 「ふざけんなよ、ひとりでうまいもん喰ってんじゃねぇよ!」 「父上のおごりだよ♪」 「そういうことか、羨ましいな」 「美味しすぎてほっぺた ...

ReadMore

映画 迷惑行為 アニメ 漫画

我輩は沙羅魅である

2019/10/15

「ねぇねぇ、沙羅魅すごいことに気がづいた!」 「今度は何だよ?」 「プーさんがはちみつの中に閉じ込められて死んじゃったら琥珀になるんじゃない?」 「な、なんだと!」 「え、やっぱり理系からしたら、それはないかな?」 「いやいやいやいや! それマジあるえるし!」 「でしょ~! やっぱ、マジあるえるよね!」 「あいつは人様の家から出ようとしてお尻が引っかかるぐらいだから、はちみつに入ったらぜってぇ2度と出られねぇ!」 「だね! 本物のハニートラップだね!」 「あぁ、本物の『お前を琥珀にしてやろうか!』だな!」 ...

ReadMore

SSS佐藤守!

投稿日:2018-08-26 更新日:

「その日はJealousy Angelsのオーストラリア公演があるのですが...」細身のスーツの男が眉を八の字にして言う。

「いや、残念だがこれは最優先事項だ、佐藤君。彼の身の安全を確保してもらわないと世界が大変なことになるかもしれないんだ」と白髪混じりのおじさんが言う。

「しかし、伊神さん。今回は神席が当たったんですよ!前から二列目!他の人でもできる任務だと私は思いますが...」

「いや、陛下から直々に君への任務ということになっておる。これは絶対だ。君もわかってるだろう?」

「わかりました。またあの夢ですね。仕方ないですね」そう言うと佐藤はうなだれ部屋を出て行った。

この国では特殊秘密機関が存在する!霊力に長ける夢人の悪予知夢の成就を阻止し、国の発展と平安を守るために人知れず活躍しているのだ。佐藤守、彼もまたその中の一人。大学在学中にスーツの男達に連れてこられた場所で夢人なる人物に見初められてからずっと『特殊秘密工作員(Special Secret Spy)』通称『SSS』なのである!

飛行機の中で改めて今回の任務について考える佐藤。

「古代アステカ文明の力を復活させるため世界を大洪水に陥れる計画の奴らがわざわざうちの国のマツオカを誘拐するだって…普通に考えてありえないだろ。すごい科学者とかならわかるけど、スポーツ解説者とか…しかも、フランスでとかやめて欲しい。めちゃくちゃ観光に行きたいじゃないか...」

ドカーン!

急な大きな爆発音と共に機体は大きく揺れ電気が消え風が吹き、天井から酸素マスクが降ってきた!

「なんだ!?事故かテロか?機体に穴が空いてどんどん高度が落ちてるぞ!?」焦る佐藤。

「佐藤ゥゥゥゥ!ここであったが首年目!」短髪で黒の革ジャンを着た若い男が通路から飛びかかってきた。

「コブシ!?しかもクビ年目ってなんだよ!話し言葉じゃ普通ありえないボケを入れてくるな!」

ガシッ!

佐藤の胸ぐらを掴んだ男は高校時代の悪友ムサシコブシである。頭が良いようで悪く、運があるようでない残念な男である。彼が現在所属している団体は 『SSS』の仇の『555』である。『555』とは『郷に入っては郷に従えゴウダマシッタ教』という新興宗教。我らがJAのリーダーに頂上決戦で負けて以来自暴自棄になって新宿だか池袋だか秋葉原だかで勧誘され入ったらしい。

「邪魔はさせんぞ佐藤!ゴウゴウゴウダマシッタ様のお告げによれば、大洪水の後にイルルミルカが帰って来るのだ~!」

「お告げの内容に意外と詳しいじゃないかコブシ、だが惜しい」そう言うと佐藤はスーツの襟を触った。

ビリビリ!

電気が流れた!と思ったが違う。佐藤のスーツが脆く破け去ったのだ。

「なんだと~!」コブシは急いで佐藤の肩を掴もうとしたが軽くパーで払われ風に乗って飛行機に空いた穴に飛んでいった。

「I'll be there~!」そう言い残しコブシは完全に消えた。

「ある意味合ってるが、そこはbackだろ...」

今回は2000文字小説なのにコブシの登場で字数を無駄に使ってしまったので、ここからの佐藤の活躍を急ぎ足で説明する。

コブシ撃退後、飛行機はN県に不時着する。佐藤はそこで出会った謎の美女アミに連れられ、ヘリコプターに乗せられどこかの山の「ラクーンラスカル」という地下施設ヘと向かうのであった。そしてそこで佐藤は世界の五本の指が入る夢人「吉岡マディ」(オネエキャラ)と出会いあるお告げを聴く。それは佐藤がマツオカと出会うことで世界が滅ぶというものであった。

だが佐藤はそれを気に留めず任務遂行のため施設から脱出を試みる。が、アミの色仕掛けに引っかかり毒薬を盛られてしまうのである!

しかし幸いにもアミが毒薬と間違えて笑い薬を盛ったため腹筋崩壊しながら命からがらその場から脱出した佐藤は、盗んだバイクで行く先もわからぬまま闇の中に消えて行くのであった。

そして次の日、伊神からの連絡でマツオカがすでに何者かに拉致されてしまったことを知らされる。それからイギリス行って、ああなって、こうなって、ケネディ宇宙センターまで来たよ!

「しっかりするんだマツオカさん!大丈夫か?」佐藤はロケットの中の男に声をかけた。

「...」しかし、へんじがない。ただのしゅうぞうのようだ。

「くそ!みんなが太陽神と崇めるからマツオカを北極に落として氷を溶かそうとするやつが現れるんだ!」

ロケット発射まであと5分。佐藤はマツオカをどうにか下の通路まで運び、コブシの乗って来たバイクに乗り込む。そこへ襲いかかるコブシ。手に汗握る展開だが字数の関係で全カット!

ぐわ!爆風で転がるバイク。佐藤は無事にマツオカを救出し任務を達成したのである!

...後日行方不明だったマツオカのインタビューがテレビで放送された。

そして最後に彼を助けた男が去り際にこう言ったことを伝えている。

「グランドスラムは楽じゃない」と。

 

 

-他の小説

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2019 All Rights Reserved.