new ツイート

『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』詳細

2020/2/5

『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』 スタート‼️‼️‼️ ☆参加ルール 1.ダウンロードしたカラオケ音源で『からあげ×21❣️❣️❣️』を歌って動画や音源をアップしたリンク先のURLを 『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』スタート‼️‼ ...

ReadMore

new 音楽

からあげ×21!!!のカラオケ音源

2020/2/5

下のmp3ファイルをダウンロードして歌ってね!   『からあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげ!!!』   学校で疲れたこんな日は お腹はぺこぺこぺっこぺこで 早く帰りたいの あまいお菓子もいいんだけど 焼いたの煮たもの揚げたもの いっぱい食べたいの 学校で疲れているからこそ お腹はぺこぺこぺっこぺこで とにかく食べたいの アイスクリームもいいんだけど あつあ ...

ReadMore

音楽

沙羅魅のからあげソング発売!!!& 歌詞掲載!!!

2020/2/2

詳しくは画像をスクロール&クリック!   ☆歌詞☆ 学校で疲れたこんな日は お腹はぺこぺこぺっこぺこで 早く帰りたいの あまいお菓子もいいんだけど 焼いたの煮たもの揚げたもの いっぱい食べたいの 学校で疲れているからこそ お腹はぺこぺこぺっこぺこで とにかく食べたいの アイスクリームもいいんだけど あつあつあげたてからあげを いっぱい食べたいよ 1日10回はからあげのこと考えてる おいしいからあげもっと これでもかってくらい食べたい からあげからあげ からあげからあげ からあげからあげ からあげ ...

ReadMore

new 言葉 雑学

分別って知ってた⁉️

2020/1/24

「公ちゃん! ゴミの分別ってわかりにくいよね!」 「おめぇの口からゴミの分別って言葉が出て来るとは思わなかったぜ!」 「人生そんなに簡単じゃないんだよ!」 「まぁそうだな!」 「でさ、ゴミの分別なんて今までなかったのにどこから出てきたの?」 「てか、おめぇは今までどこの星に住んでたんだよ?」 「地球だよ!」 「だよな!」 「でいつ分別ってあるの?」 「昔からだろ!」 「うそでしょ?」 「環境問題と書いてマジだし!」 「うそうそ! 沙羅魅分別なんてやったことないよ!」 「そんなわけねぇし! 小学校の時とか普 ...

ReadMore

行事 漫画 ツイート

Mattがめっちゃ不協和音‼️

2020/1/16

Mattがめっちゃ不協和音‼️ pic.twitter.com/3TWwsb30E2 — 転生沙羅魅(さらみ♪)フォロバ欲しい人はDMでフォロバ1000‰❣️ OGT教 からあげ団 団長‼️ (@ToppingKapple) January 16, 2020

ReadMore

行事 ツイート

からあげ団について❣️

2020/1/15

https://twitter.com/ToppingKapple/status/1217415437958270977

ReadMore

new 国語 言葉 算数 雑学

気づかいと王様

2020/1/7

「ねぇ、公ちゃんなんでエレベーター乗らないの?」 「別にエスカレーターでいいだろ?」 「だって、目の前にエレベーターあったよ!」 「別に目の前にエレベーターあってもそれに乗る必要なくね?」 「あるある! 遠回りになっちゃうでしょ?」 「急がば回れって言うだろ?」 「それはただのことわざ!」 「本当はオレはエレベーターしか使えない人がいるからその人達が使えるようにわざと乗らなかったんぜ!」 「何それ?」 「さりげない気づかいだし!」 「それ偽善でしょ?」 「偽善とか言うな! エレベーターしか使えない人に譲っ ...

ReadMore

new 英語 英会話 漫画 マンガ

Broad Animals #7 『Influenza』

2019/12/30

ReadMore

new 音楽 行事 言葉 雑学

令和初のクリスマスイブのトッピングカップル!

2019/12/24

「クリスマスだな」 「クリスマスだね!」 「マジクリスマスソングばっかだな!」 「そだね! 最高だね!」 「別に最高ではなくね?」 「最高だよ! ワオのラストクリスマスとか最高!」 「それワムな!」 「そうとも言うよね!」 「そうとしか言わねぇけどな!」 「曲の感じがいいよね!」 「曲の感じはいいけどあれ歌詞に中身なんてねぇぜ!」 「いいじゃんどうせ洋楽なんて何言ってるのかわかんないんだし!」 「それも一理あるけど歌詞も大事だろ?」 「それは演歌ぐらいじゃない?」 「そうか? 演歌こそ同じようなことしか言 ...

ReadMore

行事 ツイート

男のサンタはサンタクロース🎅 女のサンタは......!

2019/12/24

https://twitter.com/ToppingKapple/status/1209407325594775552

ReadMore

イジャラベザー

投稿日:2018-08-26 更新日:

その国では一年に一度、いにしえより伝わる伝統の戦いが開かれる!
彼らはそれを「イジャラベザー」と呼ぶ!

俺の名はムサシコブシ。今年は順調に勝ち進み、いよいよ「イジャラベザー」の決勝が始まろうとしているのだ。あと30分もすれば俺とヤツの因縁の対決にも決着が着くと思うと武者震いしてしまう。いつもは冷静沈着、頭脳即席の俺が動揺してるんだ。ん?「ズノウソクセキ」ってなんだ。「ズノウメイセキ」だったな。ま、早い話。バカでも優勝できるのがこの「イジャベラザー」の素晴らしい所なのさ。まだ優勝してないけど…

説明しよう!「イジャラベザー」とは遥か昔、人間達の祖先のオツムがまだまだ未発達だった時に、宇宙船からやって来た「イルルミルカ」により伝えられたという一種の戦い方である。
この世界ではなかなか意見が合わない時や、物を配分する時に平等になるよう、イジャラベザーの勝負で決着を付けるのだ!

ガチャ
「コブシ!よくここまで勝ってきた。私は鼻が高いぞ!」チョビひげの禿げた太めの男性が控え室にノックもしないで入ってきた。
「市長!ありがとうございます!」コブシは椅子から飛び上がり驚きながら答えた。
「いや~、まさか私の市から決勝進出者が同時に出るとは前途多難だな~!」
「本当に驚きですよ。まさかあの真理李まで決勝に来るなんて。というより市長、ゼントタナンじゃなくてゼントタボウの間違えじゃないですか?」
「おっ!そうだったかなっ!?」

そうなのだ。同じ市から決勝進出者が出ることなど『前代未聞』なのだ!
まずはこの国技「イジャラベザー」がどういうシステムなのかをみなさんに説明しよう!
この国技は『一年のはじめにその国のどの人間が幸福か』を調べるためにある。優勝者には賞金500万円。そして優勝者の出身した町や市などには1000万円の援助金が支払われる。
なぜ優勝者の出身地にもお金が払われるかというと、優勝した者が出た土地はその一年とても運気がよく、他にもいいモノが続々と出てくると信じられているからである。去年の話では優勝者を出した土地で地質調査を行った所、埋蔵金が出てきたという!

ちなみに準優勝者には100万円、出身地には500万円。
準々決勝者にはそれぞれ50万円、出身地には100万円である。
参加資格は10歳以上で、男であれ女であれそれ以外であれ誰でも参加できる。
ちなみに参加費がお高く2万円もするのはここだけの話。それでも参加者が多いのは腕に覚えがある者だけではなく、夢や希望があれば優勝する可能性が少なからず誰にでもあるからかもしれない。

「思い出すね、都道府県予選。私も参加したから知ってるけど、あのやり方は前途多望だったね」市区町村長はみな都道府県予選にシードで出る資格がある。
「そうですね。まさか都知事が自ら出て来て俺たちと勝負するって言うんですから。あれ絶対自分が出られないからの腹いせですよ」都道府県知事には参加資格はないのである。
「私が相手です!みなさんで一斉にかかって来てください!なんてカッコつけちゃってね」
「でもあれは一対一の時より緊張しましたね。見た目によらずかなり強かったし。ちなみに市長はどこまで耐えたんですか?」
「私は一発KOだったよ。まさかいきなりあの手で来るとは。君は楽勝だったんだろ?」
「いえいえ、俺ももうあの時はがむしゃらでしたよ。でも、この拳で最後まで戦えた!それが今の俺に自身と勇気を与えてくれたんだと思います。ところで市長、真理李のとこにはもう行ったんですか?」
「いや、あの子かわいいけど苦手なんだ。毒がキツ過ぎて」
「確かにヤツは…」

コンコン。
「コブシさん。失礼します」
ガチャ
「そろそろお時間なので、ステージへお願いします」スタッフが出発の時を告げに来た!
「いよいよだねコブシくん頑張ってくれたまえ!」市長はコブシの肩に力強く手を置くと「君には期待してるよ!」とバンバン二回叩いた。
「市長。俺が勝っても負けても市には1500万の金が入るの確定じゃないですか。でもこの気合いありがたくいただいておきますね!」
「いや、あの女は私のことを陰でハゲと言っているからぜひ君に勝って欲しいんだ。宜しく頼むよ」
「そういうことなら任せてください。今年の幸運は俺がこの手で掴んでみせます!あの女は俺のこの拳で一発です!」

ここはスポットライトの当たる武道館の舞台。
「みなさまお待たせしました。ただ今より決勝戦を行います!
北、三鷹市出身ムサシコブシ。南、三鷹市出身小鳥真理李」

「コブシ。あのハゲとさっきまで何話してたの?」
「ふん。マリリンコにあのデブと話してたことを教えるものか!」
「ふ~ん。そっか」

「それでは両者構えて!」行司が叫ぶ!
「イジャラベザー!」

コブシは拳を握り前へ出し、真理李は同時に手を開き前へ出した!
勝負は一瞬でついた!

イジャラベザーとはじゃんけんのことなのでコブシはあっさり負けたのだった。

 

-短編小説

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.