new 算数 真剣勝負 食べ物 迷惑行為

パセリちゃんごめんね

2019/11/15

「あ〜!」 「沙羅魅どうした?」 「パセリ超邪魔!」 「おい、パセリに失礼なこと言うなよな!」 「なんで~、緑だし臭いし変な形だしウルトラ目障り~!」 「おいおい、農家の方々が一生懸命作ってるんだからそういうこと言うなよな!」 「なくていいじゃん、パセリ。見栄えとかそんなのいらない!」 「おめぇやけにパセリに厳しいな?」 「だって、パセリってテレビみながら唐揚げ食べたり、眠りながら唐揚げ食べてたら勝手に口の中に入ってくるんだもん!」 「それはちゃんと見ながら喰わねぇおめぇが悪ぃし」 「そんなことないよ。ち ...

ReadMore

new 言葉 スポーツ

沙羅魅は左利き天才肌!

2019/11/10

「ねぇ、公ちゃん。箸を持つ手が右手だっけ?」 「たぶんそうじゃん」 「たぶんじゃ困る~」 「じゃ、五分五分でそうじゃん」 「五分五分ってことはつまり右が箸を持つ方ってこと?」 「そうなるな」 「じゃあこっちが右でいいんだよね」 「それはちげぇだろ」 「え、なんで?」 「だっておめぇ左利きじゃん」 「え、そうだったの?」 「おめぇ自分のことだろ。知っとけよ!」 「でもさ~、箸持つ方が右ってことは右利きだろうが左利きだろうが箸を持った方が右じゃない?」 「お!」 「でしょ?」 「やべぇ! 今日は完全に論破され ...

ReadMore

他の小説

ハロウィンの夜のMONSTER

2019/11/4

令和X年 10月31日23:30。 いつもより人の多いスクランブル交差点を抜け警察と訳のわからない格好で奇声をあげる若者を横目に道玄坂を登って行く。待ち合わせの時間は特にないが、すでに仲間達が集まっているであろう店を人混みを抜けながら目指す。 わざわざこんな日に集まるなんて大学生とは面倒臭い。時間とお金を浪費して今を楽しむのもそろそろ終わりにしないといけないし、今日が最後だと自分に言い聞かせてみる。実際に最後になるのかは誰にもわからないが......。 人の化けたモンスターとスマホのドラクエウォークのモン ...

ReadMore

言葉 雑学 食べ物

○グダディの話

2019/10/28

「え、ビッグダディ死んじゃったの?」 「は? いつだよ?」 「昨日だよ!」 「いやいや、死んでねぇだろ!」 「だって、トランプ大統領が会見してたじゃん!」 「それバグダディな!」 「ほら〜!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし! ループしてるし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇし! 違うもんは違うの!」 「ど ...

ReadMore

行事 食べ物 マンガ

ハロウィンどうする?

2019/10/27

「ハロウィンなんの仮装しようかな!」 「は? あれは子どもが仮装するもんだろ?」 「公ちゃんは昭和の人なの? 今はみんなで仮装してパレードするの!」 「それはイベント会社が儲けるための策略だろ?」 「そうなの? でも、楽しいからいいじゃん!」 「楽しければいいとか、おめぇは単純でいいな」 「えへ、それほどでもないよ!」 「褒めてねぇし!」 「マーベルのキャラとかディズニープリンセスは誰かと被るよね〜」 「だな。どこかの子どもと被るな」 「バンパイアかドラキュラどうかな?」 「それもメジャー過ぎて被るだろ? ...

ReadMore

国語 言葉 真剣勝負

ことわざクイズ!

2019/10/25

「寝耳に?」 「水!」 「さすがにこれは簡単だったな」 「沙羅魅だってこれぐらいわかるもん~」 「ま、そうだよな。基本だよな」 「うん。経験者は語るってやつだよ~」 「焼け石に?」 「肉!」 「そうそう、溶岩プレートの上で焼いた肉はうまいらしいな」 「あれ美味しいよね~。肉が本当に柔らかく焼けてるんだよね~♪」 「は? おめぇそれ喰ったことあんのかよ?」 「あるよ~♪」 「ふざけんなよ、ひとりでうまいもん喰ってんじゃねぇよ!」 「父上のおごりだよ♪」 「そういうことか、羨ましいな」 「美味しすぎてほっぺた ...

ReadMore

映画 迷惑行為 アニメ マンガ

我輩は沙羅魅である

2019/10/15

「ねぇねぇ、沙羅魅すごいことに気がづいた!」 「今度は何だよ?」 「プーさんがはちみつの中に閉じ込められて死んじゃったら琥珀になるんじゃない?」 「な、なんだと!」 「え、やっぱり理系からしたら、それはないかな?」 「いやいやいやいや! それマジあるえるし!」 「でしょ~! やっぱ、マジあるえるよね!」 「あいつは人様の家から出ようとしてお尻が引っかかるぐらいだから、はちみつに入ったらぜってぇ2度と出られねぇ!」 「だね! 本物のハニートラップだね!」 「あぁ、本物の『お前を琥珀にしてやろうか!』だな!」 ...

ReadMore

お金 言葉 迷惑行為

ぶらり駄菓子屋訪問

2019/9/18

「駄菓子屋初めて!」 「マジかよ?」 「本当本当!」 「おめぇ、オレと小学校の時に遠足のおやつ駄菓子屋に買いに行ったし!」 「あっ、そんなこともあったかかも!」 「じゃあ、初めてではねぇな!」 「そだね!」 「これ美味しそうじゃない?」 「子どもには美味しいだろうな」 「え、ラムネだよ!」 「あぁ、ラムネだな」 「こっちのは?」 「喰いたきゃ買っちまえよ」 「本当?」 「駄菓子屋はコスパいいから好きなだけ買っちまえよ」 「オッケー!」 「おっ、それ買うのか?」 「うん!」 「それもか」 「うん! 後これも ...

ReadMore

国語 算数 雑学 動物

人と馬

2019/9/15

「え、わかんない!」 「わかるだろこれぐらい?」 「公ちゃんの説明わかんない!」 「これなら中学生でもわかるぞ!」 「小学生でもわかんないと沙羅魅もわかんない!」 「しょうがねぇな」 「早く、もう1回!」 「つまり、15枚のカードを3つの山にするだろ」 「うん」 「1つの山は5枚になっていて、3回繰り返すと端っこにあるカードでも必ず真ん中に来んだよ!」 「え?」 「わかんねぇか〜」 「文字だけじゃわかんないよ!」 「いやいや、見せてるし!」 「読者には見えない!」 「それはしょうがねぇ!」 「あと、途中か ...

ReadMore

行事 国語 旅行

立川にて

2019/9/13

「沙羅魅、これ見てみろよ!」 「それウケる! いとをかしなんだけど!」 「だな! いとをかしだな!」 「IKEAってこんなに部屋あるんだね!」 「だな! 部屋いっぱいあって旅行に来たみてぇだな!」 「ね! おしゃれ家具がいっぱいで超いとをかしなんだけど!」 「な! ワクワクしてくんな!」 「急なこと過ぎて教養が滲み出ちゃった♪」 「は? おめぇに教養なんてあったか?」 「あるある! 油断したら溢れ出るくらいある!」 「ねぇし! おめぇには1マイクロチップも教養ねぇし!」 「あるもん!」 「ねぇよ! おめぇ ...

ReadMore

ゾンビ映画はお好き?

投稿日:2018-12-23 更新日:

「ねぇ公ちゃん!」
「なんだよ急に! 久しぶり過ぎてビックリしたじゃねぇかよ!」
「この前観たあの映画なんだっけ?」
「はぁ? どれだよ?」
「だからあれ!」
「だからあれってどれ!」
「だから! それがわからないから聞いてるの!」
「いやいや、こっちもそれがわかんねぇから聞いてんの!」
「なにそれ! 逆ギレめんど!」
「おめぇこそわけわかんねぇから面倒だし!」
「わかった! 公ちゃんとはもう口聞かない!」
「おう、できるもんならやってみろよ!」
「……」
「今からかよ!」
「……」
「マジかよ!」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「でさ! 公ちゃん!」
「なんだよ急に! 久しぶり過ぎてビックリしたじゃねぇかよ!」
「この前観たあの映画なんだっけ?」
「はぁ? どれだよ?」
「だからあれ!」
「だからあれじゃわかんねぇってさっき言っただろ!」
「だから、あのゾンビが出てくるやつ!」
「お! それそれ! もっとヒントだせ! カモン! 沙羅魅!」
「はぁ? なにそれ! カモンとかキモっ!」
「あぁ、あれだな! いっぱい死ぬやつ!」
「そう。キモいからさっさと死んでってやつ!」
「で、僕は死にマジェンタ! ってやつだな!」
「本当意味わかんない! 顔も見たくない!」
「あれだな、ドアを閉めて扉に背を向けてると手がボアカッタック! て出てくるやつ!」
「擬音までキモっ!」
「だよな。あれは監督めちゃくちゃ頭キテルな!」
「うん! 本当に頭来る!」
「で、いきなり隣人がやって来て斧で助けてくれんだよな!」
「うん。隣人を愛せって言うけど、もう無理!」
「そう。すでにゾンビに噛まれてて途中襲って来たな!」
「で、クラスメイトのカッコいいイケメンが急に助けてくれんの!」
「いや、待て待て、カッコいいイケメンって当たりめぇだろ!」
「え、現代にはカッコよくないイケメン(通称のやつ)はごまんといるよ!」
「なるほどな、映画の中のゾンビみてぇだな!」
「だね! で名前なんだっけ?」
「思い出せねぇな。めちゃくちゃゾンビ映画っぽいタイトルだったのは覚えてんだけどな」
「あっ、思い出した! イアンだ!」
「そっちかよ!」
「で、主人公がメリッサだ!」
「それな!」

「教会行ったよね!」
「行ったな!」
「2人きりの2時間だけのサスペンスロマンス逃避行!」
「あいつらイスをバリケードにしてたな!」
「2人の初めての共同作業!」
「で、結局ゾンビに囲まれちゃうんだよな!」
「で、やり残したことをするんだよね! 祭壇の前で聖書に手を置いて誓うんだよね!」
「あれは泣いたな!」
「うん。思いかけず涙出た!」
「あの展開はマジでずりぃ!」
「裸のおっさんが十字架に磔にされてるんだもんね!」
「そっちかよ!」
「あれはもう笑い泣きだよ~!」
「おい、宗教的なことにはこれ以上触れるな!」
「頭になんか棘の草を巻いてるしw」
「草じゃねぇ! イバラ!」
「え? ワラじゃないのw」
「なんでもいいし! 兎に角、その宗教的なことにはこれ以上触れるな!」
「えっ、もしかして、FBIが見張ってる?」
「ちげぇし!」
「CIA?」
「YMCAだし!」

「てか、聖書に手を置いたら光っただろ!」
「裸のガリガリおっさんが?」
「聖書が!」
「あああ! そっちね!」
「で、文字が浮かび上がって読むんだよ」
「そう。あの数字ね! 6が6個!」
「ちげぇし!」
「え、違うの?」
「は? ネタバレをオレの口から言わせる気か?」
「うん。YOU言っちゃいなよ~!」
「しょうがねぇな。66bが浮かび上がって読み上げんだよな」
「そう。ろくろくびー!」
「そうすると、亜空間が開いてロボットが登場!」
「そして、目からビームで1人残らず抹殺!」
「そこ1匹残らず殲滅な」
「どっちも同じじゃん!」
「おめぇが言うとただの人殺しにしか聞こえねぇの!」
「それから、あれだよね。ロボットの首が伸びるんだよね!」
「轆轤首だけにな!」
「よ、よめない!」
「辞書を引け辞書を!」
「え~! 逆ギレめんど!」
「ちげぇし! 逆ギレじゃねぇし!」
「そっか。マジギレだね♪」

「あれはキャストが全員日本人って言うのが面白いんだよね~」
「な! まさかあの朝ドラのヒロインがヒロインだったなんてな!」
「で、イケメンがリアルにヘロインやってたんだよね!」
「やってねぇし!」
「え、ジャニーズの……メンバーだよ?」
「おい! TPがフィクションだからってギリギリアウトなデマを言うな!」
「そうかな~。たぶん揉み消せるけどな~」
「おめぇの発言はいつも全部がデッドボールなんだよ! 変なとこに当たってんの!」
「あ! それ!」
「あっ! それな!」
「なんとかデッド! 当たってる!」
「ウォーキング……ふにゃらら……んんん……デッドな!」
「そう! 無駄に長くて英語なの!」
「あれは英語っていうよりカタカナな」
「そういう言いがかりはいいから思い出してよ~」
「日本人が使う英語は和製英語なんだよな」
「本当めんど。つまるところ和製英語も英語でしょ~」

「で、映画のタイトルなに?」
「おめぇマジで思い出せねぇの?」
「なんとかオブデッドだよね?」
「あぁ、おしいな!」
「もう降参~。沙羅魅英語は苦手~。教えてよ~。オーマイジーザス~」
「つまりあれだよ。あのゾンビ映画のタイトルは、
《ザ・ウォーキング・デッド・オア・アライブ・オブ・ザ・デッド》」
「あああ! それが答えだ!」
「オオカミ達は出て来てねぇからオチはイマイチだな」
「そだね! 合体ロボと巨大水着ゾンビギャルが戦って平和になるとかマンガの実写版並みの駄作だったよね~」
「いやいや、B級映画はあんなもんだよ」
「そっか、マンガの実写版が異常につまらないだけか~」

 

 

『トッピングカップル666666』

 

-映画, 雑学, ホラー

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2019 All Rights Reserved.