なつかしのあの人 〜ラグビー編〜

投稿日:2018-12-07 更新日:

「え、五郎丸を名前だと思ってたの!?」
「そうだよ、なんか文句あんのかよ」
「だって公ちゃん、あれ名字だよ。これ常識だよ!」
「そんなん知るかよ」
「しかも五郎丸はマスター・オブ・ニンジャっなんだよ!」
「なんだそれ?」
「ジャポニカ学習帳にもなったんだよ!」
「はぁ、おめぇやけに五郎丸に詳しいな」
「え、なにそれ嫉妬~?」
「ちげーよ」
「やだ~、沙羅魅照れる~」
「ちげーし! てか、何でおめぇそんなに詳しいんだよ!」
「だって、これぐらいみんな知ってるよ。
五郎丸歩は1986年の3月1日生まれで1歳年上の兄がいて身長が185センチで体重が100キロでポジションはFB。そして、血液型はB型」
「いやいや、普通そこまで知らねぇだろ」
「3歳からラグビーを始めて小学校4年生から6年生までサッカーもして福岡市選抜にも選ばれて、中学時代はサッカーとラグビーの両立。高校時代は3年連続で全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。U17日本代表にも選ばれ……」
「おい、ちょっと待て! いくらなんでも詳しすぎるだろ!」
「え、そう? 普通だよ♪」
「普通じゃねぇし!」
「普通だし!」
「いや、異常だろ!」
「以上じゃないもん! もっとあるもん!」

「てか、あいつあゆむっていうのかよ!」
「ちょっと、呼び捨てにしないでよ!」
「いいだろ別に!」
「よくない! あゆむくん♪ って言わなきゃダメなの~」
「はぁ、わけわかんねぇし!」
「これぐらいわかってよ~」

「てか、あいつ魔法使えるんじゃねぇ?」
「え、なにそれ?」
「鹿目まどか、暁美ほむら、美樹 さやか、五郎丸あゆむ」
「え、まさか!」
「そう、あいつは魔法少女だったんだ!」
「え~! それは知らなかった!」
「マジかよ。おめぇそんなことも知らなかったのかよ!」
「知ってたし!」
「おめぇ今、知らなかったって言ったばっかりだろ!」
「言葉のあやだもん。あややだもん!」
「そういえば五郎丸ポーズあったよな」
「あ、あの元イングランド代表のスタンドオフジョニー・ウィルキンソンに倣って、伸ばした左右の人差し指の先を合わせ、右手の中指、薬指も立てて拳に被せ気味にする独自のポーズね!」
「そう。あれ手の中になんか隠し持ってんじゃね?」
「ま、まさか、ソウルジェム?」
「いかにも!」
「まさか魔法でキックの成功率を上げてたっていうの?」
「だな!」
「そして、試合中に変身しないのは魔法少女だとバレないため?」
「さすがにラグビー中にスカート穿けねぇもんな!」
「そ、そんなの絶対やだ~!」

「なぁ、落ち込むなよ、沙羅魅」
「落ち込んでないもん」
「じゃあ、なんで暗い顔してんだよ」
「だって、あゆむくん♪が魔女になったら沙羅魅助けられないもん!」
「なんだ、そんなことか。やつが魔女になったらあの時みたいにオレがどうにかしてやるよ」
「え、公ちゃんが魔法少女になってくれるの!?」
「なんねぇし! てかオレ男だし!」
「そっか~。男の子は魔法少女になれないのか~。困ったな~」

あゆむくん♪ がGQ Men of the Year 2015を受賞したことを忘れていた沙羅魅であった。

-雑学, スポーツ

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.