new 算数

素数わかる?

2019/11/20

「え、2って素数なの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、3って素数なの?」 「そだぜ!」 「3の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、4って素数じゃないの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるから素数じゃないぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、5も素数なの?」 「そだぜ!」 「5の倍数だと思 ...

ReadMore

マンガ 英語 英会話 漫画

DENWA

2019/11/19

ReadMore

new 他の小説

かにあり

2019/11/18

ドッテテドッテテ、ドッテテド 獲物を担いだ男たち ドッテテドッテテ、ドッテテド 行進しながら帰ってく 霧がぽしゃぽしゃ降る朝に出かけ 彗星がギーギーフーギーギーフー流れる夜に村に着く 月の明かりは、ツンツンツン 星の光の、ピッカリコ 青くぺかぺか光ったり消えたり グララアガア、グララアガア 足を踏み鳴らす 地面の底から何かのんのんわくような響き 先頭の男が鈴をがらんがらんがらんがらんと振る 後ろの方の鈴はツァリンツァリンと鳴り、馬はポカポカ 村の前ではこどもたちがどやどや出迎える 女たちは大きな木鉢へ葡萄 ...

ReadMore

new 算数 真剣勝負 食べ物 迷惑行為

パセリちゃんごめんね

2019/11/15

「あ〜!」 「沙羅魅どうした?」 「パセリ超邪魔!」 「おい、パセリに失礼なこと言うなよな!」 「なんで~、緑だし臭いし変な形だしウルトラ目障り~!」 「おいおい、農家の方々が一生懸命作ってるんだからそういうこと言うなよな!」 「なくていいじゃん、パセリ。見栄えとかそんなのいらない!」 「おめぇやけにパセリに厳しいな?」 「だって、パセリってテレビみながら唐揚げ食べたり、眠りながら唐揚げ食べてたら勝手に口の中に入ってくるんだもん!」 「それはちゃんと見ながら喰わねぇおめぇが悪ぃし」 「そんなことないよ。ち ...

ReadMore

new 言葉 スポーツ

沙羅魅は左利き天才肌!

2019/11/10

「ねぇ、公ちゃん。箸を持つ手が右手だっけ?」 「たぶんそうじゃん」 「たぶんじゃ困る~」 「じゃ、五分五分でそうじゃん」 「五分五分ってことはつまり右が箸を持つ方ってこと?」 「そうなるな」 「じゃあこっちが右でいいんだよね」 「それはちげぇだろ」 「え、なんで?」 「だっておめぇ左利きじゃん」 「え、そうだったの?」 「おめぇ自分のことだろ。知っとけよ!」 「でもさ~、箸持つ方が右ってことは右利きだろうが左利きだろうが箸を持った方が右じゃない?」 「お!」 「でしょ?」 「やべぇ! 今日は完全に論破され ...

ReadMore

他の小説

ハロウィンの夜のMONSTER

2019/11/4

令和X年 10月31日23:30。 いつもより人の多いスクランブル交差点を抜け警察と訳のわからない格好で奇声をあげる若者を横目に道玄坂を登って行く。待ち合わせの時間は特にないが、すでに仲間達が集まっているであろう店を人混みを抜けながら目指す。 わざわざこんな日に集まるなんて大学生とは面倒臭い。時間とお金を浪費して今を楽しむのもそろそろ終わりにしないといけないし、今日が最後だと自分に言い聞かせてみる。実際に最後になるのかは誰にもわからないが......。 人の化けたモンスターとスマホのドラクエウォークのモン ...

ReadMore

言葉 雑学 食べ物

○グダディの話

2019/10/28

「え、ビッグダディ死んじゃったの?」 「は? いつだよ?」 「昨日だよ!」 「いやいや、死んでねぇだろ!」 「だって、トランプ大統領が会見してたじゃん!」 「それバグダディな!」 「ほら〜!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし! ループしてるし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇし! 違うもんは違うの!」 「ど ...

ReadMore

行事 食べ物 漫画

ハロウィンどうする?

2019/10/27

「ハロウィンなんの仮装しようかな!」 「は? あれは子どもが仮装するもんだろ?」 「公ちゃんは昭和の人なの? 今はみんなで仮装してパレードするの!」 「それはイベント会社が儲けるための策略だろ?」 「そうなの? でも、楽しいからいいじゃん!」 「楽しければいいとか、おめぇは単純でいいな」 「えへ、それほどでもないよ!」 「褒めてねぇし!」 「マーベルのキャラとかディズニープリンセスは誰かと被るよね〜」 「だな。どこかの子どもと被るな」 「バンパイアかドラキュラどうかな?」 「それもメジャー過ぎて被るだろ? ...

ReadMore

国語 言葉 真剣勝負

ことわざクイズ!

2019/10/25

「寝耳に?」 「水!」 「さすがにこれは簡単だったな」 「沙羅魅だってこれぐらいわかるもん~」 「ま、そうだよな。基本だよな」 「うん。経験者は語るってやつだよ~」 「焼け石に?」 「肉!」 「そうそう、溶岩プレートの上で焼いた肉はうまいらしいな」 「あれ美味しいよね~。肉が本当に柔らかく焼けてるんだよね~♪」 「は? おめぇそれ喰ったことあんのかよ?」 「あるよ~♪」 「ふざけんなよ、ひとりでうまいもん喰ってんじゃねぇよ!」 「父上のおごりだよ♪」 「そういうことか、羨ましいな」 「美味しすぎてほっぺた ...

ReadMore

映画 迷惑行為 アニメ 漫画

我輩は沙羅魅である

2019/10/15

「ねぇねぇ、沙羅魅すごいことに気がづいた!」 「今度は何だよ?」 「プーさんがはちみつの中に閉じ込められて死んじゃったら琥珀になるんじゃない?」 「な、なんだと!」 「え、やっぱり理系からしたら、それはないかな?」 「いやいやいやいや! それマジあるえるし!」 「でしょ~! やっぱ、マジあるえるよね!」 「あいつは人様の家から出ようとしてお尻が引っかかるぐらいだから、はちみつに入ったらぜってぇ2度と出られねぇ!」 「だね! 本物のハニートラップだね!」 「あぁ、本物の『お前を琥珀にしてやろうか!』だな!」 ...

ReadMore

絵描き歌が気になる

投稿日:2019-07-12 更新日:

「絵描き歌歌うから公ちゃん描いてみて〜!」
「は?」
「じゃあ、行くよ〜!」
「待て待て! 『絵描き歌歌うよ』って歌が2個並ぶのおかしくねぇか?」
「え、そこ気にするとこ?」
「気になるだろう! 絵描き歌々うよって言えよな!」
「それはそれで変じゃない?」
「どこが?」
「よくわかんないけど、歌々うよってなんか違う感じがする!」
「それは気のせいじゃねぇ?」
「気のせいじゃないよ! 漢字の違和感を感じるの!」
「おめぇ、そのダジャレが言いたかっただけだろ!」
「それもあるけど〜」
「じゃあ、『絵描き歌々うよ』をひらがなで言ってみろよ」
「えかきうたうたうよ!」
「変か?」
「へ、変じゃない!」
「じゃあ、それで合ってるんだし!」
「だね! 合ってた!」

「で、どんな絵描き歌だよ?」
「え? 適当にいちゃもんつけて絵描き歌のことを完全に忘れさせようとしてたんじゃないの?」
「確かにそうだったけど、どんな絵描き歌なのか気になっちまったんだよ」
「そうなんだ〜! 公ちゃんも絵描き歌ブーム来ちゃったね!」
「ブームは来てねぇし!」
「いいよいいよ。恥ずかしがらないで!」
「恥ずかしくはねぇし! むしろ、そんなブーム来たら末代までの恥だし!」
「スケールデカ〜い!」
「別にデカくねぇし! さっさと歌えよな!」
「じゃあ、行くよ〜!」
「おう!」
「朝ぼらけ!」
「おい!」
「そこははい! でしょ?」
「百人一首かよ!」
「違う、万葉集!」
「ってか、朝ぼらけだけだと普通はまだ何かわかんねぇし!」
「え、何が?」
「六字決まりだろ?」
「え、何が?」
「朝ぼらけが!」
「え、なんで?」
「今のは万葉集だろ?」
「うん、そう!」
「てか、絵描き歌どうした?」
「あっ、そうだった! 間違えちゃった!」
「なんだよ、うっかりミスかよ」
「そう、それそれ!」
「やれやれ」
「ちょっと待ってね、思い出すから!」
「早くしろよ」

「思い出した絵描き歌歌うから公ちゃん描いてみて〜!」
「は?」
「じゃあ、行くよ〜!」
「待て待て! 『絵描き歌歌うよ』って歌が2個並ぶのおかしくねぇかってさっき言ったばっかりだろ?」
「え、そこ気にすること?」
「気になるだろう! 絵描き歌々うよって言えよな!」
「それはそれで変じゃない?」
「っていうか、『そこ気にすること?』って変じゃねぇ?」
「え、デジャブじゃなくなった!」
「『そこ気にするとこ?』か『それ気にすること?』のどっちかじゃねぇ?」
「確かに何となく違うのはわかるけど、それ気にするとこ?」
「気になるだろう!」
「じゃあ、絵描き歌々うよ〜!」
「待て待て! オレ達のディスカッションを無に帰すな!」
「ごめん! これ以上他のこと話してたら絵描き歌忘れちゃうから!」
「マジかよ! そんなにスゲェ優先度高けぇ絵描き歌かよ!」
「そだよ! 絶対これ天からディスカウントして来た!」
「マジかよ!」
「マジだよ!」
「てか、ディスカウントってその場面で使わねぇし!」
「え、嘘!」
「値引と書いて、マジだし!」
「あっ、ディスカウントって値下げのことだ〜!」
「天から降りて来たってのは伝わるけど、値段は下がんねぇだろ!」
「だね!」
「そだし!」
「……」
「おい、どうした!」
「絵描き歌忘れた〜!!!!!!!」
「やれやれ、がんばってディスカバーするしかねぇな!」

「今度こそ思い出した絵描き歌歌うから公ちゃん描いてみて〜!」
「は?」
「じゃあ、行くよ〜!」
「待て待て! 『絵描き歌歌うよ』って歌が2個並ぶのおかしくねぇかってさっきもそのさっきも言ったばっかりだろ?」
「え、それ気にするとこ?」
「気になるだろう! 絵描き歌々うよって言えよな!」
「それはそれで変じゃない?」
「っていうか、これ何度目だよ!」
「三回目!」
「今度こそ歌えるんだろうな?」
「うん! バッチリ! 三度目の正直でダウンロードしといた!」
「お、ナイス! よしこい!」
「行くよ〜!」
「人を〜♪」

「待て待て!」
「え、何っ?」
「おめぇが歌うのかよ!」
「うん!」
「今ダウンロードって言ったよな!」
「言ったよ!」
「どこにダウンロードしたんだよ?」
「ここ」
「そこ?」
「うん、ここ!」
「おめぇ、自分の頭にダウンロードってどうやんだよ?」
「え、天からディスカウ〜〜ドゥヌ〜、的な?」
「わけわかんねぇし!」
「ていうか、公ちゃんさっき歌えって言ったよね!」
「言ったけど、ダウンロードって言葉が出た瞬間からデジタルサウンドを期待してたぜ!」
「え〜、アナログしか歌えないよ〜」
「そりゃそうだろ、おめぇアンドロイドじゃねぇもんな」
「うん。沙羅魅の愛用はアポーのウィザホだもん!」
「てか、もうなんか色々どうでもいいからさっさと歌えよな!」
「うん。じゃあ、気を取り直して行くよ〜!」
「よしこい!」
「人をの〜♪」

「ヤベェ!」
「え、何?」
「紙もペンもねぇ!」
「もう〜、デジタルでやったら?」
「アプリ起動するからちょっと待ってろ!」

 

次回の絵描き歌編につづく......

 

 

『トッピングカップル 1242』

-英語, 絵描き歌, 国語, ダジャレ

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2019 All Rights Reserved.