new 算数

素数わかる?

2019/11/20

「え、2って素数なの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、3って素数なの?」 「そだぜ!」 「3の倍数だと思ってた!」 「それはあってるけど素数だぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、4って素数じゃないの?」 「そだぜ!」 「2の倍数だと思ってた!」 「それはあってるから素数じゃないぜ!」 「そうなんだ! さすが理系!」 「まあな!」 「え、5も素数なの?」 「そだぜ!」 「5の倍数だと思 ...

ReadMore

マンガ 英語 英会話 漫画

DENWA

2019/11/19

ReadMore

new 他の小説

かにあり

2019/11/18

ドッテテドッテテ、ドッテテド 獲物を担いだ男たち ドッテテドッテテ、ドッテテド 行進しながら帰ってく 霧がぽしゃぽしゃ降る朝に出かけ 彗星がギーギーフーギーギーフー流れる夜に村に着く 月の明かりは、ツンツンツン 星の光の、ピッカリコ 青くぺかぺか光ったり消えたり グララアガア、グララアガア 足を踏み鳴らす 地面の底から何かのんのんわくような響き 先頭の男が鈴をがらんがらんがらんがらんと振る 後ろの方の鈴はツァリンツァリンと鳴り、馬はポカポカ 村の前ではこどもたちがどやどや出迎える 女たちは大きな木鉢へ葡萄 ...

ReadMore

new 算数 真剣勝負 食べ物 迷惑行為

パセリちゃんごめんね

2019/11/15

「あ〜!」 「沙羅魅どうした?」 「パセリ超邪魔!」 「おい、パセリに失礼なこと言うなよな!」 「なんで~、緑だし臭いし変な形だしウルトラ目障り~!」 「おいおい、農家の方々が一生懸命作ってるんだからそういうこと言うなよな!」 「なくていいじゃん、パセリ。見栄えとかそんなのいらない!」 「おめぇやけにパセリに厳しいな?」 「だって、パセリってテレビみながら唐揚げ食べたり、眠りながら唐揚げ食べてたら勝手に口の中に入ってくるんだもん!」 「それはちゃんと見ながら喰わねぇおめぇが悪ぃし」 「そんなことないよ。ち ...

ReadMore

new 言葉 スポーツ

沙羅魅は左利き天才肌!

2019/11/10

「ねぇ、公ちゃん。箸を持つ手が右手だっけ?」 「たぶんそうじゃん」 「たぶんじゃ困る~」 「じゃ、五分五分でそうじゃん」 「五分五分ってことはつまり右が箸を持つ方ってこと?」 「そうなるな」 「じゃあこっちが右でいいんだよね」 「それはちげぇだろ」 「え、なんで?」 「だっておめぇ左利きじゃん」 「え、そうだったの?」 「おめぇ自分のことだろ。知っとけよ!」 「でもさ~、箸持つ方が右ってことは右利きだろうが左利きだろうが箸を持った方が右じゃない?」 「お!」 「でしょ?」 「やべぇ! 今日は完全に論破され ...

ReadMore

他の小説

ハロウィンの夜のMONSTER

2019/11/4

令和X年 10月31日23:30。 いつもより人の多いスクランブル交差点を抜け警察と訳のわからない格好で奇声をあげる若者を横目に道玄坂を登って行く。待ち合わせの時間は特にないが、すでに仲間達が集まっているであろう店を人混みを抜けながら目指す。 わざわざこんな日に集まるなんて大学生とは面倒臭い。時間とお金を浪費して今を楽しむのもそろそろ終わりにしないといけないし、今日が最後だと自分に言い聞かせてみる。実際に最後になるのかは誰にもわからないが......。 人の化けたモンスターとスマホのドラクエウォークのモン ...

ReadMore

言葉 雑学 食べ物

○グダディの話

2019/10/28

「え、ビッグダディ死んじゃったの?」 「は? いつだよ?」 「昨日だよ!」 「いやいや、死んでねぇだろ!」 「だって、トランプ大統領が会見してたじゃん!」 「それバグダディな!」 「ほら〜!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇよ。別人だし! ループしてるし!」 「なんで? ビッグダディ、バグダディ。ほら同じ!」 「ほらじゃねぇし! 違うもんは違うの!」 「ど ...

ReadMore

行事 食べ物 漫画

ハロウィンどうする?

2019/10/27

「ハロウィンなんの仮装しようかな!」 「は? あれは子どもが仮装するもんだろ?」 「公ちゃんは昭和の人なの? 今はみんなで仮装してパレードするの!」 「それはイベント会社が儲けるための策略だろ?」 「そうなの? でも、楽しいからいいじゃん!」 「楽しければいいとか、おめぇは単純でいいな」 「えへ、それほどでもないよ!」 「褒めてねぇし!」 「マーベルのキャラとかディズニープリンセスは誰かと被るよね〜」 「だな。どこかの子どもと被るな」 「バンパイアかドラキュラどうかな?」 「それもメジャー過ぎて被るだろ? ...

ReadMore

国語 言葉 真剣勝負

ことわざクイズ!

2019/10/25

「寝耳に?」 「水!」 「さすがにこれは簡単だったな」 「沙羅魅だってこれぐらいわかるもん~」 「ま、そうだよな。基本だよな」 「うん。経験者は語るってやつだよ~」 「焼け石に?」 「肉!」 「そうそう、溶岩プレートの上で焼いた肉はうまいらしいな」 「あれ美味しいよね~。肉が本当に柔らかく焼けてるんだよね~♪」 「は? おめぇそれ喰ったことあんのかよ?」 「あるよ~♪」 「ふざけんなよ、ひとりでうまいもん喰ってんじゃねぇよ!」 「父上のおごりだよ♪」 「そういうことか、羨ましいな」 「美味しすぎてほっぺた ...

ReadMore

映画 迷惑行為 アニメ 漫画

我輩は沙羅魅である

2019/10/15

「ねぇねぇ、沙羅魅すごいことに気がづいた!」 「今度は何だよ?」 「プーさんがはちみつの中に閉じ込められて死んじゃったら琥珀になるんじゃない?」 「な、なんだと!」 「え、やっぱり理系からしたら、それはないかな?」 「いやいやいやいや! それマジあるえるし!」 「でしょ~! やっぱ、マジあるえるよね!」 「あいつは人様の家から出ようとしてお尻が引っかかるぐらいだから、はちみつに入ったらぜってぇ2度と出られねぇ!」 「だね! 本物のハニートラップだね!」 「あぁ、本物の『お前を琥珀にしてやろうか!』だな!」 ...

ReadMore

凍結と情熱の間の四字熟語

投稿日:2019-05-21 更新日:

「公ちゃんに問題です。熱い四字熟語は何でしょうか?」
「なんだそれ?」
「いいから答えてよ!」
「火上加油」
「え、なにそれ?」
「四字熟語」
「それはわかるよ!」
「じゃあ、加油ってわかるか?」
「油を注ぐ? もしかして火に油をそそぐってこと?」
「ちげぇし! 加油は中国語で『がんばれ』って意味だし!」
「え! うそ!」
「本当と書いてマジだし!」
「ってことは、火の上で頑張れってこと?」
「そういうことだな」
「めっちゃ熱いね!」
「熱いだろ!」
「じゃあ、一応正解だね!」
「だな! 他にも薪尽火滅とかあるな!」
「なにそれ!」
「読んで字のごとく、薪が燃え尽きるまで火で滅するんだよ」
「へぇ〜、いつ使うの?」
「キャンプの時とかじゃね?」
「あ〜、バーベキューとかキャンプファイアーね!」
「そう、それそれ!」
「意外とあるもんだね〜」
「他にもあるだろ四字熟語なんて」
「そっか〜。理系なのに公ちゃんすごく知ってるね!」
「で、おめぇが考えてた答えってなんだよ」
「焼肉定食!」
「なんだよそれ。熱いって言うか、あったかいだし!」
「そだね〜、それか風林火山!」
「山火事の話なら熱いな!」
「だね!」

「公ちゃんに問題です。冷たい四字熟語は何でしょうか?」
「またそれかよ」
「いいから答えて〜」
「冷たいのって言ったら、三寒四温とかじゃね?」
「それはあったかいの方が多いんじゃない?」
「だな。あったかい方が多かったな」
「じゃあ、残念でした! 罰ゲームターイム!」
「は? 聞いてねぇし!」
「うん。事後報告だよ!」
「ふざけんなし!」
「じゃあね。罰ゲームは今度の日曜日に海に連れて行ってね!」
「またそれかよ。おめぇ海好きだな」
「うん。海サイコー!」
「で、正解はなんだったんだ?」
「絶対零度!」
「おめぇからそんな言葉が出て来ることに驚きだな!」
「すごいでしょ!」
「だが、お前さんは一つ勘違いをしているぜ」
「な、なんですって!」
「零度ってどういうことか知ってるかい?」
「それは水が氷になる温度でしょ!」
「そうだ。ってことは、絶対に零度ってことはマイナスにはならないってことだろ」
「た、たしかに!」
「ということはだよ、沙羅魅くん。冬にマイナス10度とか平気で超える北海道やロシアの方が寒いわけだよ」
「え、じゃあ絶対零度よりも冷たい四字熟語があるっていうの!?」
「そうだ! しかも、北海道やロシアよりも寒い所!」
「そんな場所があるっていうの!」
「それは南極大陸!」
「あ、あった〜!!!!!!」
「やれやれ。こんな単純な答えも用意してないなんてダメだな」
「ダメとか言わないでよ〜! シャーロック・ハームズ!」
「ということで、お前さんの負けだ。海はやめて花火大会に行こうぜ!」
「しょうがない。海はまた今度にしよっか〜」
「よし決まり! それでいい!」

「てかさ。公ちゃん間違えてない?」
「は? 何をだよ?」
「南極大陸が一番寒いってことは……」
「ってことは……?」

ゴゴゴゴゴゴゴ
ゴゴゴゴゴゴゴゴ

「熱いのは情熱大陸じゃない?」
「って、そっちかよ!」
「え、どっち?」
「それは置いといて、葉加瀬太郎のバイオリンは熱いよな!」
「でしょ! 髪型も燃えてるみたいで熱いよね!」
「おめぇの家系に通じる所あるよな!」
「うん。遠い親戚らしいよ!」
「マ、マジかよ!」
「遠縁と書いてマジよ!」

新事実!
葉加瀬太郎は沙羅魅の遠い親戚らしい!

 

『トッピングカップル123』

-言葉, 雑学, 文字, なぞなぞ

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2019 All Rights Reserved.