凍結と情熱の間の四字熟語

投稿日:2019-05-21 更新日:

「公ちゃんに問題です。熱い四字熟語は何でしょうか?」
「なんだそれ?」
「いいから答えてよ!」
「火上加油」
「え、なにそれ?」
「四字熟語」
「それはわかるよ!」
「じゃあ、加油ってわかるか?」
「油を注ぐ? もしかして火に油をそそぐってこと?」
「ちげぇし! 加油は中国語で『がんばれ』って意味だし!」
「え! うそ!」
「本当と書いてマジだし!」
「ってことは、火の上で頑張れってこと?」
「そういうことだな」
「めっちゃ熱いね!」
「熱いだろ!」
「じゃあ、一応正解だね!」
「だな! 他にも薪尽火滅とかあるな!」
「なにそれ!」
「読んで字のごとく、薪が燃え尽きるまで火で滅するんだよ」
「へぇ〜、いつ使うの?」
「キャンプの時とかじゃね?」
「あ〜、バーベキューとかキャンプファイアーね!」
「そう、それそれ!」
「意外とあるもんだね〜」
「他にもあるだろ四字熟語なんて」
「そっか〜。理系なのに公ちゃんすごく知ってるね!」
「で、おめぇが考えてた答えってなんだよ」
「焼肉定食!」
「なんだよそれ。熱いって言うか、あったかいだし!」
「そだね〜、それか風林火山!」
「山火事の話なら熱いな!」
「だね!」

「公ちゃんに問題です。冷たい四字熟語は何でしょうか?」
「またそれかよ」
「いいから答えて〜」
「冷たいのって言ったら、三寒四温とかじゃね?」
「それはあったかいの方が多いんじゃない?」
「だな。あったかい方が多かったな」
「じゃあ、残念でした! 罰ゲームターイム!」
「は? 聞いてねぇし!」
「うん。事後報告だよ!」
「ふざけんなし!」
「じゃあね。罰ゲームは今度の日曜日に海に連れて行ってね!」
「またそれかよ。おめぇ海好きだな」
「うん。海サイコー!」
「で、正解はなんだったんだ?」
「絶対零度!」
「おめぇからそんな言葉が出て来ることに驚きだな!」
「すごいでしょ!」
「だが、お前さんは一つ勘違いをしているぜ」
「な、なんですって!」
「零度ってどういうことか知ってるかい?」
「それは水が氷になる温度でしょ!」
「そうだ。ってことは、絶対に零度ってことはマイナスにはならないってことだろ」
「た、たしかに!」
「ということはだよ、沙羅魅くん。冬にマイナス10度とか平気で超える北海道やロシアの方が寒いわけだよ」
「え、じゃあ絶対零度よりも冷たい四字熟語があるっていうの!?」
「そうだ! しかも、北海道やロシアよりも寒い所!」
「そんな場所があるっていうの!」
「それは南極大陸!」
「あ、あった〜!!!!!!」
「やれやれ。こんな単純な答えも用意してないなんてダメだな」
「ダメとか言わないでよ〜! シャーロック・ハームズ!」
「ということで、お前さんの負けだ。海はやめて花火大会に行こうぜ!」
「しょうがない。海はまた今度にしよっか〜」
「よし決まり! それでいい!」

「てかさ。公ちゃん間違えてない?」
「は? 何をだよ?」
「南極大陸が一番寒いってことは……」
「ってことは……?」

ゴゴゴゴゴゴゴ
ゴゴゴゴゴゴゴゴ

「熱いのは情熱大陸じゃない?」
「って、そっちかよ!」
「え、どっち?」
「それは置いといて、葉加瀬太郎のバイオリンは熱いよな!」
「でしょ! 髪型も燃えてるみたいで熱いよね!」
「おめぇの家系に通じる所あるよな!」
「うん。遠い親戚らしいよ!」
「マ、マジかよ!」
「遠縁と書いてマジよ!」

新事実!
葉加瀬太郎は沙羅魅の遠い親戚らしい!

 

『トッピングカップル123』

-言葉, 雑学, 文字, なぞなぞ

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.