しりとり真剣勝負

投稿日:2018-12-04 更新日:

「ねぇ、公ちゃん。しりとりしよ」
「いいぜ。で今日は何しりとりだ?」
「う~んとね。国しりとり!」
「それめっちゃ難しくね?」
「難しい方がやりがいを感じるでしょ♪」
「まぁ、そうだな。じゃあ、かかってこいよ」
「行くよ。アメリカ!」
「いきなりアメリカか。じゃあ、ドイツ!」
「え、ドイツ?」
「人じゃねぇぞ」
「知ってるよ。ただちょっとびっくりしただけ」
「で?」
「じゃあ、メキシコ!」
「オランダ」
「ドミニカ!」
「ロシア」
「フラ……イギリス!」
「おめぇ、あぶねぇなぁ。ギリギリ回避したな!」
「負けるとこだったw」

「よし。コートジボワール」
「え、そんな国あるの?」
「あるだろ。ロシアの隣りら辺に」
「そっか。じゃあ、チェコ!」
「アムステルダム」
「え、そんな国あるの?」
「オランダら辺にあるだろ。アムステルダムの鐘って言うだろ」
「え、ノートルダムの鐘じゃない?」
「そうともいうな」
「え、違うと思うよ~」
「じゃあいいか。これを両方英語にするぞ。訳してみろ」
「いいよ」
「アイム ステル ダム」
「私はダムを捨てる」
「ノー トル ダム」
「ダムを取っちゃダメ」
「って、ことだよ!」
「え、沙羅魅わかんない! たぶんこれみんなもわかんないよ!」
「はぁ、みんなって誰だよ?」
「読者とか作者とか!」

「いいか。Aさんがいるとしよう。仮に名前をオラさんにするぞ」
「んだ!」
「オラさんはダムを捨てたわけよ」
「んだ!」
「で、どいつかわからねぇけど、隣りのやつが捨てられたダムを拾おうとしたわけよ」
「んで?」
「オラさんはそのダムは拾うな! ノー! って言ったわけよ」
「あ、そういうこと!」
「そういうこと!」
「つまりダムって男が捨てられた場所ってわけね♪」
「次、沙羅魅の番だぞ」

「じゃあね、ノルウェー!」
「ハワイ」
「ホノルル!」
「ブラジル」
「トルコ!」
「サウジアラビア」
「オーストリア!」
「はぁ? そんな国ねぇし」
「あ、オーストラリア!」
「今のでお手つき一回な」
「ヤバイ、あとがなくなっちゃった……」
「お手つきすると緊張するよな。カザフスタじゃなくて、ブルガリア」
「モロッコ!」
「アフガニスタじゃなくて、ベラルーシ」
「プエルトリコ!」
「パキスじゃなくて、ウズベキスじゃなくてリビア」
「公ちゃんさっきからずる~い! ポルトガル!」
「ずるくねぇし! イスラエル!」

「え~、そろそろ国なくなっちゃう。中国!」
「にほ……Japan!」
「あ、英語で避けた! タイ!」
「あぶね~。ネパール!」
「もうそろそろナイジェリア!?」
「いや、まだまだアルジェリア!」
「え~、本当無理。リトアニア!」
「いや、行ける。ルーマニア!」
「本当にもう、モーリタニア!」
「おめぇけっこう強え~、エチオピア!」
「ぎぎぎ、ギニア!」
「あ~、アルバニア!」
「ああ~、アルメニア!」
「い、イタリア!」
「ええ~、エリトリア!」
「負けないぜ、マケドニア!」
「超ギリギリ、ギリシャ!」
「地理むずい! チリ!」
「まだかすかに、マダガスカル!」
「まだちっちゃいのがあるはず、ミクロネシア!」
「え~、もうあかん! カンボジア!」
「あ~! 沙羅魅アウト~!」
「あ~、バカチンだ~」
「ハンガリー精神が足りなかったな」
「慰めなんか、イラン!」
「ブータンれるなよ」
「悔しい~。オーマンにはわからんだ!」
「おめぇどこのお国だよ!」
「にほ……ジャパン!」

 

 

『トッピングカップル 196』

 

-真剣勝負, 地理, しりとり

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.