new 漫画 マンガ

「10日後に給料日の人」4日目

2020/3/18

ReadMore

new 漫画 マンガ

「10日後に給料日の人」3日目

2020/3/17

ReadMore

new 漫画 マンガ

「10日後に給料日の人」2日目

2020/3/16

ReadMore

new 漫画 マンガ

「10日後に給料日の人」1日目

2020/3/15

ReadMore

new 音楽 言葉 雑学

しんどいのはどれくらい?

2020/3/2

「あ、地震!」 「あ、マジだな!」 「今の震度何かな?」 「3ぐれぇだろ?」 「え、公ちゃんニュース見ないで震度わかるの?」 「もちよ、もち。アラビアンナイトぐれぇ簡単だし!」 「え?」 「シンドバッドってことよ」 「あぁ、そういうことね~」 「っていうかどしたら震度がわかるの?」 「よし。今日は特別にタダで震度がわかるコツを教えてやるよ」 「やった! タダより高いものはないもんね♪」 「まず震度とは......」 「震度とは?」 「どれぐらいしんどい揺れだったかってことを数字に表したものなんだぜ」 「は ...

ReadMore

短編小説

メイツの鬼滅の刃ネタ

2020/2/24

花「どうもメイツです」 土「なんかナがナナメになっちゃったみたいになってますね」 花「最近僕面白いマンガを見つけてしまったんです」 土「無視されちゃいましたよ」 花「最近僕面白いマンガを見つけてしまったんです」 土「花輪さん同じこと言ってますよ」 花「最近僕面白いマンガを見つけてしまったんです」 土「これはどういうことでしょうね?」 花「最近僕面白いマンガを見つけてしまったんです」 土「あ〜、なるほど。返さないと続かないやつですね」 花「最近僕面白いマンガを見つけてしまったんですよ!」 土「ウキウキしちゃ ...

ReadMore

ツイート

フォロワーさん8500人ツイート!

2020/2/23

https://twitter.com/ToppingKapple/status/1231435211637846016

ReadMore

new 英語 英会話 漫画 マンガ

Broad Animals #8 『Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage Karaage !!!』

2020/2/19

ReadMore

ツイート

『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』詳細

2020/2/5

『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』 スタート‼️‼️‼️ ☆参加ルール 1.ダウンロードしたカラオケ音源で『からあげ×21❣️❣️❣️』を歌って動画や音源をアップしたリンク先のURLを 『からあげ×21❣️❣️❣️を歌ってみた大会』スタート‼️‼ ...

ReadMore

音楽

からあげ×21!!!のカラオケ音源

2020/2/5

下のmp3ファイルをダウンロードして歌ってね!   『からあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげからあげ!!!』   学校で疲れたこんな日は お腹はぺこぺこぺっこぺこで 早く帰りたいの あまいお菓子もいいんだけど 焼いたの煮たもの揚げたもの いっぱい食べたいの 学校で疲れているからこそ お腹はぺこぺこぺっこぺこで とにかく食べたいの アイスクリームもいいんだけど あつあ ...

ReadMore

ラッシー違い

投稿日:2018-11-14 更新日:

前の話《スパイス色々》

「これ犬入ってねぇぞ」
「犬いないね~」
「ラッシーなのにな」
「ラッシーなのにねぇ。白い犬溶かしたのかな?」
「それはインドネパール人パネェな」
「パないねぇ。えげつないねぇ~」
「でも、かなりあめぇなこれ」
「あまいね。糖尿の犬だったんじゃない?」
「マジかよ? 気持ち悪いなこれ」
「でも美味しいねぇ」
「あぁ、うめぇからいいか」

「ねぇ公ちゃん。ナンってなんでナンなんだろうね?」
「そりゃ、ナンはナンだからナンなんだろ」
「なんだ。ナンはナンだからナンなんだね」
「そうだよ。インドネパール人がナンって言ったら誰がなんと言おうとナンなんだよ」
「ところで今何回ナンって言ったかわかる?」
「それは何回ナンのナンまで入れるのか?」
「え、どのなんのこと?」
「だから今何回ナンって言ったかの何回ナンだよ」
「う~ん。なんかよくわからなくなっちゃった」
「そのなんも入れるのか?」
「え、沙羅魅またナンって言ってた? なんて言ってた?」
「なんかよくわからなくなっちゃった。のなんだよ!」
「すごい公ちゃん! 沙羅魅がなんて言ってたのかちゃんと覚えてるんだね!」
「何の話だ? ただ繰り返しただけだろ」
「いや、でもすごいよ。沙羅魅なんてさっきなんて言ったかなんて覚えてないよ」
「なんで覚えてねぇんだよ。なんだかんだ言ってもそれぐらい覚えられるだろ?」
「え~、もうなんかよくわからなくなってきちゃったよ」
「なんだよそれ。おめぇが先になんを何回なんて言って来たんだろ」
「だってなんかよくわからなくなんてきちゃったんだもん~」
「おめぇ、言ってること変だぞ」
「なん、なんだって!」
「おいおい、おめぇさっきからなんなんなんなん、なんなんだよ!」
「そっちこそ、なんなんなんなん、なんなんだよ! ってなんなのよ~!」
「なんでおめぇ逆切れしてんだよ。なんなのか聞いてるのはこっちだぞ!」
「だって、もうなんばっかりでなんもわかんなんだもん!」
「待て、沙羅魅!」
「なんなのよ~!」

「落ち着け、沙羅魅ッ! これはスタンド攻撃ってやつだッ!」
「え、なにそれ!?」
「いいからこの店出るぞッ!」
「え、なんで!? じゃあトイレ行ってから!」
「ダメだッ! トイレで襲われるのがパターンだッ!」
「え~、我慢できないよ~!」
「おめぇ、なんで我慢できないまでトイレ行かないんだよッ!」
「まだ大丈夫だけど、お店出る前に行きたいの~」
「ダメだッ! たぶん店員の中の誰かがスタンド使いだから一刻も早くここから出るぞッ!」
「え~、なにそれ~。じゃあ、急いでコンビニ行こう!」
「よし、行くぞッ!」
「昭和27年11月11日!」
「なんだって?」
「吉幾三ってこと!」

逃げる様にカレー屋から出た2人。
そして、この2人がこの店に来ることはもうないだろう。

to be continued......

 

 

『トッピングカップル 0.63』

 

-食べ物, 飲み物, 漫画

Copyright© トッピングカップル クラブ , 2020 All Rights Reserved.